若い時は、それほど気にならなかったのですが、年を取ると年々自分の体臭が人にどのように思われているかが気になってきました。
原因は若い職員と話をしたときに、顔をしかめられて、一瞬距離をとられたことで、自分の口臭に匂いがあるのではないのかっと疑ったことです。

中の良い友人に、自分の口臭について尋ねて、正直に匂うという事を聞かされました。
それから、口腔ケアを徹底的に行うために、電動歯ブラシを購入し、口臭予防効果がある、
値段が高い歯磨き粉を購入し、舌用の歯ブラシと歯間ブラシも使用するようにしています。

歯間ブラシを通したあと、出血がみられ、それを匂ったら今まで、おじさんの口の匂いしか嗅いだことのない匂いと同じだったのです。
歯科に行って確認すると歯槽膿漏といわれました。今は薬と徹底した口腔ケア、プレスケアやガムを定期的に摂取するようにしています。
効果があるかは自分では確かめることが出来ないので、歯科の先生に毎回評価してもらっています。